ark title

ark img

契約の箱。 モーセが旧約聖書の中で、神の啓示を受けて作ったものは、本来はアカシア材で作った箱に金箔が貼付けられていた神々しいもの。しかし、私にとっての神との契約の箱は、土色の黒く重たく地に根付いたもの。この作品を制作した年、2004年は私の身近な人達が重い病気になった一年だった。
そして、家族のために心から祈らされた一年でもあった。この年から、自分の作品と、祈りというものが一体化して行った。家族のために祈る度に、作品の形というものが見えて来る不思議な体験をした。自分の家の庭の土をとり細かい粒子のものだけを選別し顔料とする。庭に生えているハーブを取り、その型を押し付ける。そのすべてが、私にとって祈りの行為であり、一つ一つが儀式のようなものであった。それは、まるで旧約聖書の中に出て来る預言者たちが神に語られたことを行動に移すことによってそれ自体が預言となっていたことと重なる。
土で造った絵の具を溶き、画面に塗り付けるその度に、私の祈りが重なって行く。この黒い長方形のパネルは死の象徴であり、また、同時に命の象徴でもある。土色と錆びた銀の黒い何も命のないような画面の上に、今庭から取って来た青々としたハーブの形を押し付けるとき、そこにいのちが吹き込まれる。その時、私は行為をもって死の力に宣言する。私の家族は神の契約の中にあると。死の霊に満ちているこの家の中に命が吹き込まれると。

ark img2